これからどうなるのか分からない、不安になって最悪の事態を考える前に

 

こんばんは、いくとこ(@gakesoba)です。

これから生活が激変していく方、多いと思います。

掛け持ちでバイトを増やしたり、職場を変えることになったり、職探しを始めたり。

 

そういうときってこれからどうなるのか分からないから一番不安になりやすいです。

何が起こっても動じないように最悪の事態を考えておくという性質の人もいるんじゃないでしょうか。

 

でも、最悪の事態を想定することって自分が苦しいだけであまり意味がないのではと思っています。

大切なのは失敗したとしても、次の手を出すのをやめないことですから。

 

怖くて動けなくなる、どうせ失敗すると思って行動しなくなるくらいなら、最悪の事態を想定しないほうがいいと思います。

 

上手くいかない可能性を織り込んだ上で自分の手札を考えていける人なら、いろんな可能性を考えてもいいかもしれない。

でも多分そういう人って上手くいかないことがある未来=最悪の事態とは表現しないと思うんですよね。

 

最悪の事態とするにはまだ早いかも

 

あなたが想定する最悪の事態を防ぐために、どれだけ行動の手札が残っていますか?

例えばバイト先がなくなってしまった人。

このご時世もう仕事なんてない、アルバイトなんてないと、もう終わりだ、という気持ちになるかもしれません。

 

でもあなたには、

  • 求人情報サイトを開く
  • ハローワークに行く

という行動の手札が残っています。

 

働き口なんてない、という結論に至るには早いのです。

個人的なオススメはハローワークへ行くことです。

一人で悶々とネットでバイトを探していると、どうしても不安感が増してしまうんですよね。

 

ハローワークって意外と行きやすくて、私が行ったときは職員さんがめちゃくちゃ優しかったです。

職員さんが「こういう仕事あるけどどう?」と話相手になってくれるのは、思っている以上に心が楽になります。しかもインターネットに載ってない仕事も紹介してもらえるので、純粋に応募できる仕事の母数が増えます。

ハローワーク初めて行きましたレポも書いているので、よければ読んでみてください。

 

最悪の事態=直近の不確定要素が思う通りにいかないこと、になっていないか。

 

例えば私は明日から新しく始める掛け持ちバイトの初日なのですが、もう一つのバイトとシフトが合うかな?と不安です。

二つのバイトを掛け持ちして、必要なだけのお金を稼げなかったらどうしよう、という。

 

これについては

・それぞれのバイト先と相談してみる

というのが第一手。それでうまくいくのが一番いいです。

 

もしうまくいかなかったとしたら、

・比較的時間の融通が利くクラウドワークスの仕事を増やす

のが第二手になります。

 

それも中々うまくいかなかったとしたら、

・どちらかをやめる

・全く新しいバイトを探す

・ハローワークへ相談しに行く

などなどの手段をとっていくことになるでしょう。

 

私はアスペルガー気味(計画命)なので、第一手の『それぞれのバイト先と相談してみる』が上手くいかなかったらどうしよう、終わりだ。となりがちなんですが、そこはぐっと冷静になることが大事ですね。

まだ手はあるぞ、と。

もう終わりだ、という気持ちになってもまだ手札があることを冷静に自覚しましょう。

これは自分に言ってます。

 

何かしらは上手くいって、杞憂に終わることも多い。

 

掛け持ちバイトをすることについてなんだかんだ5手考えていますが、どこかしらで上手くいくこともあります。

新しい要素が出てきて、新しい手段が生まれたり。

 

なので実際は、そのときになってみないと分からないんですよ。

 

大事なのは、失敗しても次の手を出し続けること

 

全てが上手くいくことはまぁないでしょう。

うまくいくこともあればうまくいかないことも生じてきます。

大事なのは次の手を出し続けることです。

 

もう何もやれることはない、本当に打つ手がない状態まで行くのってむしろ難しいんじゃないかと思います。

何があっても次の手を出し続ければいいのです。

 

怖い気持ちはめっちゃよく分かりますが、私はこのブログを読んでくれているあなたのことを応援しています。

あなたの未来に再び小さな幸福が訪れることを心から信じています。

 

これからを生きていくのは怖いですが、私もビビりながら生きていきますので、一緒に生きてくれたら心強いです。

 

心配してもしなくても、とるべき行動は変わらない。

 

もう終わりだ!!!!と絶望してからハローワークへ行くのも、とにかくハローワークに行くしかないなと思いながらハローワークへ行くのも、『ハロワへ行く』という行動は同じです。

前者はめっちゃ精神的に疲れるのでおすすめしません。

 

ビビりながらも冷静に、皆さまが明日を生きていけますように祈っています。

今日も読んでくれてありがとうございます。