私にとっての芸術は人を癒すものでありたい。

芸術に目的などないほうがいいと思うのですが、

なんで文章を物語を書くのかというと、究極的には自分を癒すため、生きていくため、そして願わくば誰か他の人を癒すため、誰かが生きていくためであってほしいと思います。

 

三浦春馬さんというどこか身近に感じていた俳優さんが亡くなられたことは大きな衝撃でした。

そこに是非も善悪もなく、ただ彼が今安らかな場所にいることを願います。

彼が生きて表現をして、数えきれないほど多くの人の心に影響してきたことは失われません。

 

愛が届きますように。